ゆずかの風

アロマセラピストになった保育士

子育て講座の感想から

2017年5月12日、"脳の発達から考える子育て講座" の札幌での第一回目を開催しました。

f:id:yuzuka-tani:20170526103117j:image

5月のテーマ【しつけはいつからしたらいい?】です。
私自身も久しぶりに講座という形で子育てについてお伝えしましたが、皆さんの質問や悩んでいることを聞く中で、自分の経験が少なからず役に立つのではないかと感じられる瞬間が多々ありました。

講座にご参加頂いた皆さんからも、沢山の嬉しい声を頂きました♡

この感想から、それぞれの方のフィルターを通して私の伝えたかった事が深められていたと感じ 大変うれしい思いです。

 f:id:yuzuka-tani:20170526103403j:image

〈皆さんの感想から〉

⚫︎脳の発達の観点からのしつけのお話を聞き、今取り組んでいる育児の様々なことの根底に脳の土台づくりが隠されていて、毎日が"チャンス"だと感じました。これからは、子供との関わりを より有意義に感じながら過ごすことができそうな気がします。

早寝早起きやお散歩、遊びなどこれまで以上に積極的に、自信を持ってできそうです!
一緒に参加した友人達は皆看護師でしたので、今回のような根拠に基づいた内容はとてもスムーズに心に響いたのではないかと思います。
(札幌市 MK様 お子様5ヶ月)

                             🔸
⚫︎まずは、早寝早起きを意識しています。かなり改善されてきました!
そして、今はできなくても、伝え続けること。それでいいんだとわかりました。そして、○○ができるためのしつけ(挨拶、返事、手洗いなど)と思っていましたが、習慣付けだけでなく、本人が納得してできていないと、大きくなったときに自ら進んでできるとはいえないと、感じました。自立のためのしつけですもんね。

また2才の長男は子育てひろばでよその赤ちゃんを叩く事があり、心配で後ろから見張るようにしていましまが、赤ちゃんとの間に入り気持ちをそらしてあげる方がよいと知りました。この事は、本当に困っていたので、親身になって一緒に考えてくれただけで、救われました。他にも悩んでいたことについて、谷さんのお考えを聞けて、良かったです。
(札幌市 RO様 お子様2.9才・3ヶ月)
f:id:yuzuka-tani:20170525160649j:image
                              🔸
⚫︎最後の"しつけ糸の話"にはっとさせられました。
親が物事を一から十まで教えてあげるんじゃなくて,その子の基盤を作ってあげるだけなんですね。
その子の欲求や意思を尊重して,じっと見守ってあげることの方がずっとずっと大切なしつけや教育になるんだろうなと感じました。
親にとって,そうしてあげることの方がずっとずっと難しい気がします。
じっと見守ってあげたり,できるだけ否定しないで共感してあげることによって,子はもちろん,親も一緒に親として成長させてもらえる気がします。
そう考えると,子供と一緒に成長していけることがすごく楽しみです(^^)!
私もまだ母親9ヶ月なので,息子と一緒に何年もかけて成長できたらいいなと思いました!
(札幌市 YA様 お子様9ヶ月)                 

                               🔸
⚫︎根拠とともに理解でき、とても分かりやすい内容でした!
親が、子どもの気持ちを汲みとって、気持ちを代弁できるような声かけを積み重ねていくことで、子どもが安心して、納得して、社会性を身につけていけるのかなと思いました。いつか"しつけ糸"をはずすその時のために、小さなしつけを積み重ねていきたいと思います。
(札幌市 HY様 お子様9ヶ月)

f:id:yuzuka-tani:20170525155729j:image

                                 🔸

⚫︎谷さんを始め他のお母さんの実際のエピソードを聞き、それに沿って話を伺えたことでイメージしやすかったです。ためになるお話はもちろん、とても楽しい雰囲気で参加できてよかったと思いました。
   (札幌市 HO様 お子様6ヶ月)
-------------
そして次回はf:id:yuzuka-tani:20170525155452p:image

脳の発達を踏まえて、親も子もイライラしない、子どもが自分で!と動き出す習慣作りの声かけ、アイデア、考え方の具体例をお伝えします。
6/8詳細は以下よりご覧下さい。

http://yuzuka-tani.hateblo.jp/entry/0608kouza

広告を非表示にする