ゆずかの風

保育士でアロマセラピストの私

スキンシップは一生の宝物

タッチケアというと、ベビーの時だけ?という印象を持たれる方も多いかもしれません。

赤ちゃんの時だけでなく、少し大きくなってからも、その先も

一生にわたって<人が人にふれる>ことはとても大切で、その時々に応じたふれあい方があります。

アロマテラピーのトリートメントを学ぶ中で、実は、皮膚感覚と脳は密接につながっていてることを知りました。

f:id:yuzuka-tani:20190801202659j:image

<ふれる>ことによっておきる奇跡は奇跡ではなく、

人が本来持っている<癒す力・伸びる力・つながる力>を最大限引き出してくれる、

身体にも、心にも、

ふれられている人にも、ふれている人にも、起きる温かな変化なのです。

f:id:yuzuka-tani:20190801202636j:image

どんなに忙しいママとパパにも、お子さんのために出来ることがあります。

それは〈愛情をもってふれる〉こと。

〈ただただあなたと一緒にいることが嬉しいです〉と思いながらふれること。

 

ふれているのは身体のほんの一部分ですが、その温かい皮膚感覚は脳全体、からだ全体に信じられないくらい大きな影響を及ぼすのです。

 

アロマセラピストになった保育士の私は、そのことをたくさんの方にお知らせしたいと思っています。

f:id:yuzuka-tani:20190801202615j:image

つづく…

写真は 娘と第二子歩き始めの頃