ゆずかの風

アロマセラピストになった保育士

女性の活躍にエールのトリートメント

今年50代最後の年を迎えています。

先日サロンを訪れてくれた同級生、

ずっと仕事を続けてきた彼女は責任ある立場になり重責を担っています。

仕事の合間を縫ってサロンを訪れ、

初めてのオイルトリートメントを受けてくれた彼女の感想をご紹介します。

 

f:id:yuzuka-tani:20180215180147j:image
ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

日々の仕事の忙しさから自分を癒したく、また手指の浮腫みも気になっての訪問でした。

玄関の扉を開けると 一瞬で癒しの空間に包まれました。


観葉植物と間接照明・アロマの香り・静かに流れる音楽♪ 

 

青森ヒバの香りのフットバスが、緊張気味の気持ちを和らげてくれました。

 

f:id:yuzuka-tani:20180215171508j:image

施術は脚からスタート。

淳子さんの細い手指からは想像もつかなかった、ふんわりした柔らかな感触が皮膚を包みました。

  片あし・片うで・ひとつひとつ整えながらタオルの中に収めてくれるていねいさ。

大切に扱われている身体、

皮膚から優しさが伝わるほど、心も身体も気持ちの良いひとときでした。

 夜はぐっすり安眠でき、

翌朝は手指のむくみもなく改善した身体に驚きです。(50代R.M様)
ー  ー  ー  ー   ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  

 

f:id:yuzuka-tani:20180215180348j:image

 

退職か、再雇用の道を選ぶか‥

活躍してきたスペシャリストの女性ならではの決断が迫られる時 

 

仕事を続けながらの子育てを経て、今は孫の成長を見守っている彼女。

 

「年老いていく親」という現実にも子どもとしての役割が求められる。

 

 女性の一生のステージは実に多彩‥

 

話をするうちに私自身も気持ちが整理され、前向きな思考になっていく。

 

どの道を選ぼうとも「これからの自分を大切に」とエールを送りたい。 

f:id:yuzuka-tani:20180215175725j:image