ゆずかの風

アロマセラピストになった保育士

触れるということの癒し

二人だけの夕食後 そう遅くはない時間

「片付けが済んだらトリートメントしてあげる」

「そうかい」と言ったのに待ちきれず、ベット入ってしまった母

 

 

昨夜はそのままハンドトリートメントをした

 

とろりとろりと眠りに入り、声かけにも答えなくなる

 

ひじ上までゆっくりと包み込んで手を動かしていく

 

 


今夜はそうだ、足をしてあげよう

 

布団から右脚を出し膝までパジャマをたくし上げる

 

ハンドバスをして温めた私の手

  

静かに、そしてしっかりと密着させて甲に置き、両手を滑らせはじめる

 

香りはあまりわからないと言う母は82才になる

 

自分のために選んだ今夜の香りは ラベンダーとマジョラム

 


気持ちいいよと言いながら、しばらくするとスースーと寝息が聞こえてくる

 

 


両脚が終わる頃、自分の気持ちが落ち着いて来た事に気がついた


さっきまでこの頃の母の理解力の衰えにイライラしていたのだ

 

ついトゲのある言葉が口をついていた

 

そんな時 母はさっさと部屋に籠ってしまう

  

トリートメントは母の部屋をノックする口実

 

これだけは断らずに受けてくれる

  

 

左脚も終わり布団を掛ける

 

 

 

その時気がついた 

 

施術した私のイライラはすっかり消え、

気持ちはほっこりと温まっていることを…

 

f:id:yuzuka-tani:20161228130043j:image

 


香りに癒される心地よさ

 

静かに流れるBGM

 

オイルで摩擦なく滑る手

 

静かに大きく包み込む動き

 

 

 

 

トリートメントはこれほどまでに、施術する側へも大きな心の癒しを与えてくれるのか

 

 


その気づきに ただただ 嬉しかった

広告を非表示にする