ゆずかの風

アロマセラピストになった保育士

「手伝って!」勇気あるひと声から見えたもの-地下鉄の中で

乗車して駅をいくつか過ぎた頃だった。

 

止まった駅で扉が開いたその時

 

「誰か!若い方手伝って!」

 


そこには80代の夫と思われる男性を車椅子に乗せ、 ハンドルを握る小柄な老婦人の姿があった。

 

そして寄り添うようにいたのは、声を発した女性‥

 

年の頃なら私より少し上であろうか。

 


車内では『若い方!』に弾かれたように、高校生や若者たちが腰を浮かせた。

 

入り口付近にいた青年二人が車椅子を抱えて無事乗車。

 


ところが、ここからがこの女性の見事な所だった。

 

「私は次の駅でおりますが どちらまでですか?」


と、周りに聞こえるように尋ねている。

 

 


老夫妻はまた車椅子の両脇を抱えられ、希望の駅でおりて行った。

 

車内の人は皆 二人が降りる駅を知らされていたのだから…

 

名誉のために申し上げるが、札幌市営地下鉄では職員による車椅子乗降サービスが行われている。

 

それを知らずに、ホームまで降り立った老夫妻。

 

自分一人では車椅子を抱えることはできないけれど、機転を利かせて声を発した勇気ある女性。


それに答えて、腰を浮かせた若者たち。

 


誰かの役に立てたなら、きっと誰もが嬉しいはず❤︎

 

 f:id:yuzuka-tani:20161205194830j:image

 

優しい心をつなぐ架け橋の役割りになれるか


できるならスマートにカッコ良く‥❤︎

 

私たちの年代、試されている

広告を非表示にする